ファクタリングの種類

ファクタリングの種類
写真AC

ファクタリングは、主に売掛債権を買い取り、その債権の回収までを行う金融取引なのだが、譲渡可能な債権を持っている以外にも将来的に発生する債権についても有効とされている。

赤字決算等や法人税等の滞納で銀行からの融資が受けられない、担保に出来る固定資産がない等でファクタリング需要は少なくない。債権には、売掛金や受取手形、未収金などがあるが、通常の商取引では、入金されるのが2~3ヶ月後となる。

債権を譲渡されたファクタリング会社が自社の責任下のもとで回収や管理をするため、債権の回収不能や不良債権化のリスクが無い。

そしてスピーディに現金化が可能なのだ。そのため、ファクタリングはなるべく早く現金を手にしたい中小企業を中心に人気が高まっている資金調達方法なのだ。

ファクタリングは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがある。2社間ファクタリングは債権者とファクタリング会社との間の2社で完結する取引である。

債務者へ債権を譲渡したという通知や承諾がいらないため、取引先や第三者にファクタリングを使っていることを知られること無く資金の調達ができる。そして2社のみで取引を進められるので、スピード感がある。

3社間ファクタリングは債権者、債務者、ファクタリング会社の3社間で行われる取引のことだ。ファクタリング会社が債権の買い取りをすべて行うので、その後の回収や取り立て、リスク等は全てファクタリング会社が引き受ける。

手数料は3社間取引の方がを安く抑えられる。売掛先の承諾が得られるようであれば、2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングの方が良い選択となる。

ファクタリング会社にもよるが、3営業日以内に入金は完了するようだ。

時代の流れで、財務体質が相対的に弱い企業のファクタリング会社との取り引きは、今後も需要は高まることが予測される。

ファクタリング会社は頻繁に変える性質のもではないので、信頼性や迅速性、企業ガバナンスやコンプライアンスがしっかりしているところを選びたい。

個人向けのファクタリング

ファクタリングは売掛金の債権をファクタリング会社へ売却することで、将来のな売上げを前倒しで現金化することができる資金調達手段なので、BtoBの企業間でのみ取り引きされているもので、売掛債権無い個人は対象外だと思っていた。

調べると、どうやら企業対個人のBtoCタイプもあるようだ。

例えば、給与債権の現金化、債権を買い取り前払いするみたいなイメージだろうか。もちろん「前払い」するのはファクタリング会社なのだが。

給料ファクタリングをするには、当然ながら、自分の勤める会社から毎月給与が支払われていることが前提となる。雇用形態は関係ない場合が多いので、正社員ではなくても、派遣社員やパート、アルバイトでも活用できるのが特徴だ。

ファクタリング会社に審査の申込をして、審査が通れば、自身の給与債権は現金化されるわけだ。その後、給料日に給与が振り込まれたら、それをファクタリング会社に送金して取り引き完了となる。

給与債権のファクタリングすることのメリットはなんだろうか。

まず本来の給料日よりも先にそれを受け取れるということだろう。急な出費があるが、貯金や貸してもらえる先がない場合は便利だろう。

そしてこれは、借金をしている人は気になる部分だが、信用情報機関に照会、登録されないということだ。お金を借りるために銀行や消費者金融、クレジットカード会社を利用しようとすると、必ず信用情報機関に名前と生年月日を照会されるのだ。

これは申込者が多重債務者か否かを確認するためのもので、他社借り入れがある一定のラインを超えていると利用が出来ないというシステムとなっている。

借りなくても照会があったという履歴はしばらく残るため、借金していなくても、照会が多いと融資を断られる場合もある。

ファクタリング会社は信用情報機関に照会しないので、こういった他社の借り入れ情報はわからないわけだ。

ファクタリング会社を利用することのデメリットは、手数料を取られることだろう。

ファクタリングってなんだろう?

このところファクタリングというワードを耳にする機会が多くなった。

ファクタリングとは、何だろうと思い、ネットで調べてみる。ファクタリングをおおまかに言うと、売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、その債権を早期に入金してもらうことのようだ。

ファクタリングのシステムというか、考え方は古代メソポタミア文明の頃からあったようである。

このファクタリングについて調べてみると、現代のファクタリングサービスは、16世紀のヨーロッパで誕生したらしい。貿易商が遠方の国と貿易を行う場合、現地で買い付けた商品を船に積み込み、自国に運び込むまでは手持資金が枯渇する状態になる会社もある。

それを回避して、すぐに次のビジネスが始められるようにしてくれたのが、ファクタリング会社だったわけだ。

ファクタリング会社は貿易品が船に積まれた出港した段階で、将来その商品すべてが売れただろう金額から割引して買い取り、支払いすることで、貿易商には即時にお金を手にできるわけだ。

通常の流れだと、現地で買い付けた商品は自国に運び、そこから売れるまでにタイムラグが生じるため、相手先国が遠ければそれに比例して時間はかかり、手元資金が少ない貿易商は困るわけである。

売掛金で取り引きが発生した場合は、回収が出来ないというリスクも起こりうる。

今の日本のビジネスの現場を考えてみると、企業間の取り引きは売掛金が使われることが圧倒的に多い。

納品後(サービス提供後)に請求書を作り、取引先に送る。その後、取引先に所定の期日までに入金してもらい取り引き完了である。

そのため、どうしても入金されるまでに1~2ケ月程度日数がかかってしまう。

すべてがキャッシュオンデリバリーのように、サービスとお金の即時交換だったら何の問題もないのだが、昔からそのような商習慣となっているので、簡単にはこのシステムは変わらないだろう。

ファクタリングは売掛金をなるべく早く現金化したいときに大変便利なサービスである。

手形割引にも似ているが、無担保でできるし、売掛先の信用力が審査対象になるため、中小企業でも比較的審査に通りやすいというメリットがある。