個人向けファクタリング

個人向けのファクタリング

ファクタリングは売掛金の債権をファクタリング会社へ売却することで、将来のな売上げを前倒しで現金化することができる資金調達手段なので、BtoBの企業間でのみ取り引きされているもので、売掛債権無い個人は対象外だと思っていた。

調べると、どうやら企業対個人のBtoCタイプもあるようだ。

例えば、給与債権の現金化、債権を買い取り前払いするみたいなイメージだろうか。もちろん「前払い」するのはファクタリング会社なのだが。

給料ファクタリングをするには、当然ながら、自分の勤める会社から毎月給与が支払われていることが前提となる。雇用形態は関係ない場合が多いので、正社員ではなくても、派遣社員やパート、アルバイトでも活用できるのが特徴だ。

ファクタリング会社に審査の申込をして、審査が通れば、自身の給与債権は現金化されるわけだ。その後、給料日に給与が振り込まれたら、それをファクタリング会社に送金して取り引き完了となる。

給与債権のファクタリングすることのメリットはなんだろうか。

まず本来の給料日よりも先にそれを受け取れるということだろう。急な出費があるが、貯金や貸してもらえる先がない場合は便利だろう。

そしてこれは、借金をしている人は気になる部分だが、信用情報機関に照会、登録されないということだ。お金を借りるために銀行や消費者金融、クレジットカード会社を利用しようとすると、必ず信用情報機関に名前と生年月日を照会されるのだ。

これは申込者が多重債務者か否かを確認するためのもので、他社借り入れがある一定のラインを超えていると利用が出来ないというシステムとなっている。

借りなくても照会があったという履歴はしばらく残るため、借金していなくても、照会が多いと融資を断られる場合もある。

ファクタリング会社は信用情報機関に照会しないので、こういった他社の借り入れ情報はわからないわけだ。

ファクタリング会社を利用することのデメリットは、手数料を取られることだろう。