ファクタリングの種類

ファクタリングの種類
写真AC

ファクタリングは、主に売掛債権を買い取り、その債権の回収までを行う金融取引なのだが、譲渡可能な債権を持っている以外にも将来的に発生する債権についても有効とされている。

赤字決算等や法人税等の滞納で銀行からの融資が受けられない、担保に出来る固定資産がない等でファクタリング需要は少なくない。債権には、売掛金や受取手形、未収金などがあるが、通常の商取引では、入金されるのが2~3ヶ月後となる。

債権を譲渡されたファクタリング会社が自社の責任下のもとで回収や管理をするため、債権の回収不能や不良債権化のリスクが無い。

そしてスピーディに現金化が可能なのだ。そのため、ファクタリングはなるべく早く現金を手にしたい中小企業を中心に人気が高まっている資金調達方法なのだ。

ファクタリングは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがある。2社間ファクタリングは債権者とファクタリング会社との間の2社で完結する取引である。

債務者へ債権を譲渡したという通知や承諾がいらないため、取引先や第三者にファクタリングを使っていることを知られること無く資金の調達ができる。そして2社のみで取引を進められるので、スピード感がある。

3社間ファクタリングは債権者、債務者、ファクタリング会社の3社間で行われる取引のことだ。ファクタリング会社が債権の買い取りをすべて行うので、その後の回収や取り立て、リスク等は全てファクタリング会社が引き受ける。

手数料は3社間取引の方がを安く抑えられる。売掛先の承諾が得られるようであれば、2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングの方が良い選択となる。

ファクタリング会社にもよるが、3営業日以内に入金は完了するようだ。

時代の流れで、財務体質が相対的に弱い企業のファクタリング会社との取り引きは、今後も需要は高まることが予測される。

ファクタリング会社は頻繁に変える性質のもではないので、信頼性や迅速性、企業ガバナンスやコンプライアンスがしっかりしているところを選びたい。